HOME>お役立ち情報>用途に合わせて活用しよう【土嚢の活用術を伝授】

用途に合わせて活用しよう【土嚢の活用術を伝授】

土のう

土嚢の種類

近年、予測不能な異常気象や荒天により水害や土砂災害が日本各地で発生しています。車や自宅が浸水したり、土砂崩れで通行止めになったり、生活に大きな支障を及ぼします。このような緊急の災害時に役立つアイテムとして、土嚢がよく登場します。土嚢とは一般的に、袋に土を詰めて水害などを防ぐ目的で使われます。そんな土嚢にもいくつか種類があります。一般的なものは屋外での使用を想定し、ポリエチレンなど紫外線に強く耐久性のある素材が使われていますが、安価な物は耐久性が低い場合もあります。また、有事の際に土を詰める作業を省略するため、吸水ポリマーが入っていて水を含むと自然に膨らむタイプもあります。これは膨らむ前はコンパクトで持ち運びしやすく、誰でも扱いやすいのが特徴です。

土のう

土嚢の活用方法

最近では土嚢をプランターとして用いるガーデニングが人気です。大きさや深さが自由に選べてプランターよりも手頃価格、使わないときは畳んでおけるので収納もコンパクトです。通気性は良いので底に穴を開けて水はけさえ確保すれば、いつでも簡単にガーデニングが始められます。しかし、土嚢の使用方法といえば、水害や土砂の侵入などを防ぐために置かれるのが一般的です。この場合、土の詰める量や土嚢の積み方次第で効果は大きく変わるため、災害時に備えておきたいなら自治体の災害訓練やネット上の動画を活用して学んでおくことが大切です。日常生活の中では工事現場などで水路の確保や不要な土、泥を撤去する際の袋として使われます。購入を検討した時には、工事用具専門店や専門サイトを探すと良いでしょう。